激安風俗お役立ちブログ

ピンサロってどんな風俗?受付から退店、サービス内容、料金を徹底解説!

ピンサロってどんな風俗?

ピンサロ(ピンクサロン)はシンプルに言うと「ドリンクや会話を楽しみつつ性的サービスもある」コンセプトのお店です。

厳密には“風俗店”のカテゴリーには入らず“飲食店”のカテゴリーに分類されています。
(ややこしくなるので、この記事では“風俗店”として扱っていきます)

デリバリー型や無店舗型ではなく、ちゃんとフロアが実在する店舗型です。

雑居ビルの中に入っていることが多く、看板に“ピンサロ”という文字は書かれていません。
あくまで飲食店なので、ピンサロとは謳えないのです。

ピンサロはどこまでのサービス内容をするのか

主にフェラまでがピンサロの範囲内のプレイになっています。

ヘルスと一緒…?
いいえ、ちゃんとした違いがあります。

ヘルスとの違い

似ているようで似ていないヘルスとピンサロ。
どんな違いがあるのか表にまとめました。

  ヘルス ピンサロ
場所 店舗・ホテル・自宅の個室 店舗のみ(半個室)
シャワー ○(洗体、口内の除菌) ✕(おしぼりやアルコール除菌)
格好 オールヌード キャミソールや下着(接客中に脱ぐこと有)
キス(D含む)
生おさわり
手コキ
フェラ
素股
フィニッシュ 口内、素股、手コキ 口内
所要時間 60分~90分 30分~60分

所要時間が短く、会話やキスなどのプレイは程々にフェラプレイがメインとなってきます。

可能なサービス内容も異なるので料金もヘルスの方が高く、ピンサロの方が安いです。
詳しい料金については下の項目で解説します。

ピンサロで遊ぶときの流れ

予約や事前連絡は必要?

基本的に予約や事前連絡は必要ありません

予約するパターンもありますが、そういう場合は会員限定であったり、有料制だったりするので初めて行く場合にはしなくて大丈夫です。

回転重視の風俗店なので、ちょっと混んでたとしても1時間や2時間も待つことがありません。
行く直前に混雑状況の確認連絡はしといた方がよりスムーズですね。

あと、爪は切っておきましょう

店内はどんな感じ?

前提としてピンサロは女の子と2人だけの空間にはなりますが個室ではありません。

席のタイプ

ソファータイプフラットタイプがあります。
ソファータイプ…2人掛けのソファー席が同じ方向を向いているつくり。お客さん同士の顔が見えないようにパーテーションで区切っている。
フラットタイプ…大の男が寝そべられるスペースに靴を脱いで上がる。


(フラットタイプのイメージ)

一般的には、ソファータイプが主流となっています。

店内の雰囲気

なんとなく人の顔がわかるレベルの薄暗さです。
常にクラブミュージックっぽいBGMが大音量で流れており、隣の会話はほぼ聞こえません。

スタッフの様子

フロアを常に歩き回っています
お客さんがサービスの強要していないか、女の子のヘルプサインがあればすぐに気付けるようにしています。
マイクパフォーマンスあるのでその役割もあります。

来店から退店までの流れ

①来店→受付

来店したらまず受付をします。
お店のシステム、注意事項などの説明を受け、指名するかフリーにするかを決めます。

ギャンブルチックにどんな女の子が来るかを天に任せる遊び方をするならフリー
1,000円~の指名料を払って好みの子と遊ぶなら指名

指名にする場合は、スタッフに要望を伝えて女の子の情報を聞いて吟味しましょう。

<フリーにするリスク>

安く済ませようとフリーにする場合、フリーなりのリスクがあります。

時間帯や出勤状況にも寄りますが、
残念なことに98%の確立で人気のない子がつきます

お店側からしたら「人気の子をフリー客につかせてしまったら、もしその子の指名客が来店されても空いてないので帰られる可能性がある」と考えます。
となれば必然的にいつでも空いているような女の子を選抜します。

フリーで入って「スタイルが良くて可愛い子をヨロシク♪」と要望したとしても、結局同じこと。
「スタイルが良い」や「可愛い」の解釈は人それぞれ。期待はできません。

せっかく行くのであれば、ちょっと高くても満足できる遊び方をしましょう!

②女の子登場→挨拶とトーク

席に案内され、3~5分程度待ちます。
このドキドキ感が醍醐味ですよね。

「はじめまして、○○です」と女の子が登場します。

自己紹介をして他愛の話をするのが自然な流れです。
素直に「今日はじめて来たんです」と言った方が女の子の接客もスムーズになります。

ただし、時間も限られているのであまり会話に集中しないように注意しましょう。

③キス→手コキ・フェラ

隣に座った状態もしくはお客さんの上に跨ってキスをします。
フレンチキスからディープキスに入り高ぶってきます。

おっぱいやデリケートゾーンの生おさわりもOKです。

ズボンを脱ぎ、固くなった性器を温かいおしぼりで拭きます。
お店にシャワーがないので、おしぼりや除菌アルコールがその代わりです。

そして手コキやフェラのプレイを経て、そのまま口内でフィニッシュを迎えます。

④退店

プレイが終わってからまた柔らかくなった性器をおしぼりで綺麗に拭きます。
多少時間が残っていれば、まどろんで会話をしてOKです。

名刺を渡されることがあるので、快く受け取ってあげましょう。

そして女の子に出口までお見送りされて退店です。

挨拶からのフィニッシュまでの時間が30分程度しかないので、遅漏の人は前日に抜いたりせずしっかり当日に備えることをオススメします。

もちろんもっとゆっくりプレイを楽しみたいのであれば60分コースにするのもアリです。

料金の相場

料金の相場としては、5,000円~8,000円です。
指名料は大体1,000円~2,000円ほど。

ヘルス系になってくると、60分ほどで10,000円~15,000円くらい。
ホテヘルになるとこれにホテル代などが加算されてきます。
なんだかんだ安くても2万円くらいは掛かります。

ピンサロは数で稼いでいくのが前提なので、風俗業界の中ではかなりリーズナブルなお店です。

もちろんその店のレベルや時間によって料金は異なりますが、1万円を握りしめて行けば充分遊べるでしょう。

「安い料金でサッと気持ち良く女の子に抜いてもらいたい」人にピッタリの風俗と言えます。

回転型(花びら回転)のピンサロがある

今まで説明してきたのはマンツーマン接客タイプの種類のピンサロです。

マンツーマン接客タイプの他にピンサロには回転タイプ(花びら回転)のお店があります。

時間内に女の子が複数入れ替わり、もれなくサービスを受けられるというシステムです。
基本的に女の子の指定はできず、フリーとして遊びます。

指名したい場合は、持ち時間が終わった後に場内指名をして延長する流れになります。

30分だとしたら、10分→10分→10分ごと(3回転)に女の子が入れ替わり、どの子にも一通りのプレイはしてもらえます。

どの女の子のタイミングでフィニッシュしてもいいですし、全ての女の子でフィニッシュしてもOKです。

お店によって最短時間が40分からのものもあれば、必ずフェラをされないといけないことがあります。

回転タイプのメリットとデメリット

メリットは、いろんな女の子のサービスを受けられることです。
マンツーマン接客だと女の子がハズレの場合でも、チェンジすることはできませんのでその子で我慢するしかありません。

しかし、回転タイプであれば最初にハズレが来ても次の女の子がアタリの可能性があるということです。

デメリットは、好みの子がついても持ち時間いっぱいまで遊べないという点です。
延長して指名するしかその子に接客してもらう方法がありません。

また、連続でハズレになる可能性も充分あるということです。
ハズレ→普通→アタリならまだ良い方で、
ハズレ→ハズレ→ハズレというパターンがあります。

メリット・デメリットを含めてピンサロです。
そういった部分も楽しんでいきましょう。

ピンサロで遊ぶときの注意点

ピンサロは各繁華街に点在していますし、いろんなお店をリサーチしておけば質も良くて安く楽しむことができる風俗です。

ですが、それなりのリスクなる注意点があるのも事実。
ピンサロにはじめて行く人は必見です。

衛生面に難あり

まず衛生面です。

デリヘルやソープの風俗は、プレイ前にはお風呂でお互いの身体をキレイにし、口内をイソジンなどで除菌するのが決まりとなっております(「即サービス」がウリのお店以外)。

一方ピンサロは、おしぼりのみ
お店によってはおしぼりとアルコールペーパーで性器を拭きます。

それだけだと衛生上あまり良いとは言えません。
もし前のお客さんが病気持ちだったとして、接客中に女の子に感染っていたとしたら自分にも感染る可能性がゼロではありません。

そういったリスクがあるということも念頭に入れておきましょう。

範囲外のサービスを要求しない

遊び慣れていない人によく見られる行動があります。
調子に乗ってしまう」ということです。

女の子もプロです。
お客様に満足していただけるように仕事として頑張ります。

そんな様子を見て「頼めばもっとサービスをしてくれるかも」と思って、本来できない範囲外のサービスを要求しないようにしましょう。

「店員の見てないところだったらいいでしょ」なんて考えるのもご法度。

店員は見てます。バッチリと。
かくして言うなら女の子が店員にサインを出します。

バレてしまった場合、即退店&出禁になることもあり得ます。
罰金を取られる可能性だって充分あり得ます。

そうならないようにセーブしながら性欲を吐き出すのがミソです。

どうせ行くなら勝率の高いお店へ!

ピンサロがどんな風俗なのか、その遊び方が粗方わかっていただけたことでしょう。

まとめると…

・ピンサロは、雑居ビルの中に入っており、ドリンクやトークを楽しみつつ性的サービスが味わえるお店。

・店内は、個室ではなくパーテーションで区切ったソファー席やフラットシート薄暗く、BGMが大音量で流れている。

・サービス内容は、おっぱいやアンダーへの生おさわりがOKで、キス・手コキ・フェラ・口内でのフィニッシュがサービス。

・ヘルスのようなオールヌード・素股のサービスはない。

・時間や料金は、30分~60分:5,000円~8,000円が相場。

・サッと抜きたい人向けの業態。

衛生面で不安な要素が多い。

・回転型(花びら回転)という持ち時間内に女の子が入れ替わりサービスを受けられるお店がある。

と、いったところです。

あとは「どこのピンサロに行くか」です。
ただ、どのお店が良いのかわからないですよね。

たまたま近くにあったピンサロ店に入ってしまうのは、これまたリスキー。
モンスターハウスかもわかりません。

だったら事前に探した方が無難です。

そこでオススメなのが『激安風俗まにあ』というポータルサイトです。
ピンサロの他にヘルス系からソープの店舗が数多く掲載しております。

評判の良い優良店ばかりなので、エリアから検索して自分の好みに合ったコンセプトのお店を見つけるだけでOK。

どうせ行くなら勝率の高いピンサロに行きましょう!

『激安風俗まにあ』でお店を探す!

MENU