激安風俗お役立ちブログ

おっパブ(セクキャバ)へ行こう!プレイの流れや料金解説【初心者歓迎】

おっパブ(セクキャバ)とは?

呼び方

気軽に遊べる風俗としてテレビで名前の出ることもある「おっぱぶ」とは「おっぱいパブ」の略で、キャバクラと風俗の中間のような業種です。呼び方は色々ありますが、以下のものはすべて同じ業種(おっパブ)のことです。

・おっパブ(おっぱいパブ)
・セクキャバ(セクシーキャバクラ)
・セクパブ(セクシーパブ)
・2キャバ(ツーショットキャバクラ)※関西圏
・キャバクラ※北海道

なお、似たような雰囲気の「いちゃキャバ」や「ランパブ」はちょっと違う仕組みなので、混同しないようにしましょう。

サービス内容は「キャバクラ以上風俗未満」

おっパブ(以下セクキャバ)のサービス内容は、キャバクラのような店内で女の子が席についてくれて、その子にボディタッチありでいちゃいちゃできる…というものです。

いちゃいちゃといってもハード風俗のようにフェラや素股や本番(セックス)があるわけではなく、あくまでキスやバストタッチなど上半身メインです。お尻に触ることもできますが、指入れは禁止している店が多いです。

簡単に言えば「ヌキ(射精)のサービスはない」業種なので、男女ともにパンツを脱ぐことはありません。この点が、似たような箱物風俗のピンサロとの大きな違いです。

キャバクラみたいにお酒を飲めて、嬢のおっぱいに堂々と触れて、良い気分になれるお店…それがセクキャバです。どこまでできるかは「キャバクラ以上風俗未満」と覚えておくとわかりやすいでしょう。

楽しみ方

セクキャバはヌキのサービスがないので、ハード風俗と比べて性病の心配が低く、風俗初心者や未経験者でも行きやすいです。「ちょっと遊びたいけど抜くほどの体力はないし、かといってキャバクラはめんどい」という時にもおすすめです。抜けないからこそ、その時の余韻を長く楽しめるのもセクキャバの醍醐味でしょう。

おひとり様でももちろん楽しめますし、誰かと一緒に行くこともできます。ひとりで行くのが不安だという方は、気心の知れた友人を誘ってセクキャバ巡りをしてみましょう!店舗型なので、同僚や友達と飲んだ帰りに二次会で行くという人もいます。

キャバクラはお酒や会話が楽しめないとつらいし、ぼったくられる心配もありますが、その点セクキャバなら明朗会計の店も多く、触れる楽しみもあるので気軽さもあります。
※キャバクラは基本的に後払いですが、セクキャバは前払いがほとんどです。

似たような業種との違い

セクキャバは店舗の中でサービスを受ける業種です。同じように店内でサービスを受ける他の業種との違いを簡単にご説明しておきます。

セクキャバ:射精はなし。キス、おさわり、生バストタッチ可能。

いちゃキャバ:セクキャバよりもいちゃいちゃ重視。射精はなし。キス、服の上からのおさわり可能。

ランパブ:女の子がランジェリー姿なキャバクラという感じ。射精、キス、ボディタッチなし。お酒と下着を楽しむお店です。

ピンサロ:フェラや手コキで抜いてくれるお店です。射精ありですが素股や本番行為はNGです。

ファッションヘルス:ヘルスなのでフェラ、手コキ、素股などで射精可能。本番行為はNGです。

また、セクキャバは働いている女の子(嬢)の質が他の店舗型風俗より高いことがよく言われています。「風俗でハードサービスするのは抵抗があるけど、高いお給料がほしい…」という可愛い女の子や、「キャバ嬢だったけど女同士の指名争いに疲れた」という子がセクキャバへ流れてくるためです。

また、おっぱいがメインの業種なので巨乳・爆乳の子と出会いやすいです。顔はそこそこでいいからおっぱい重視、という方にぴったりの業種と言えるでしょう。

初心者でもわかる!セクキャバの遊び方

時間制で2~3回転

セクキャバは時間制になっており、一般的なのは「40分で1セット」です。この時間内に女の子が2~3人ほど入れ替わるので、一人10分程度のサービスとなります。そのため会話が苦手でもプレイ重視しやすいので安心です。

2~3人いれば一人くらいは当たりがつくはずなので、何の戦果もなしにむなしく帰る…という悲劇を防ぎやすいです。もし気に入った子がいたら、場内指名といってその子を指名してサービスを受け続けることも可能です。

ダウンタイム

セクキャバで特徴的なのがダウンタイムというシステムです。サービスタイム、ハッスルタイムと呼ばれることもあります。これは決まった時間に店内の照明や音響がガラッと変わり、女の子が積極的にサービスしてくれる時間です。

この時間が来るまではお酒と会話と軽いいちゃいちゃしかできないお店もあるので気を付けましょう。逆に、いつでも全力でおっぱいに取り組んでいい「オールダウン」というシステムにしているお店もあります。

サービスタイムがどうなっているのかは、入店時に受付スタッフがきちんと説明してくれるはずなので、その説明をよく聞いておきましょう。嬢に聞けばいいやと思うかもしれませんが、働いている子の中には新人や店の仕組みを理解していない子がいるかもしれません。スタッフに確認するのが一番です。

予約しておくと安心

セクキャバは店舗型なので、その日の気分で遊びに行くこともできますが、サイトから予約を承っている店もあります。どうしても気になる嬢がいたり、決まった時間に遊びたい場合は予約をしておいたほうが安心です。

サービスの流れ

いざ店に入ると受付(カウンター)で男性スタッフが予約の有無や、その店が初めてかどうかなどを確認してくれます。

そして店の仕組みを説明してくれるので、しっかり聞いておきましょう。どこまで触っていいのかというサービス内容や、延長確認の有無、ダウンタイムのことなどを話してくれるはずです。

料金は前金制で、延長や追加ドリンクがあった場合は後から追加で払うというのが一般的です。

そして席に通されてドリンクの注文などをしていると、女の子がやってきます。軽い挨拶をしてからいちゃいちゃ開始!その店の方針や女の子の力量でサービスの手順は違いますが、挨拶→軽い会話→いちゃいちゃだと思っておけば大丈夫です。

軽いいちゃいちゃはソフトタッチやキス、お酒の口移しなど。ダウンタイムがきたらおっぱいです。ダウンタイムがあるお店なら、その時間が来たら女の子が「(膝の)上に乗ってもいいですか?」と積極的にリードしてくれるので初めてでも心配いりません。

プレイを楽しみ、交代時間になったら別の女の子がやってきます。それを繰り返して、セット終了となります。

指名・同伴・アフターについて

指名の区別

セクキャバの指名は、「フリー」といって特に指名なしで入る場合と、場内指名、本指名があります。店や地域によって呼び方が異なる場合もあるので、わかりやすくまとめてみます。

フリー(指名なし)

女の子選びはお店にお任せして、特に誰も指名せずに入ります。こうすると1セットで2~3人の女の子が交代でついてくれます。

本指名(場外指名、A指名)

お目当ての子がいて、予約時やお店に入る時に「〇ちゃん指名でお願いします」というのが本指名です。お店の外で指名が決まっているから「場外指名」とも呼びます。「A指名」は主に大阪エリアで使われる呼び方です。

場内指名(B指名)

フリーで入った客が、場内(席)で女の子を気に入って指名してくれると「場内指名(B指名)」となります。なので、フリー客につく女の子はこの場内指名をとるために頑張るわけです。

フリー客が場内指名(B指名)をして、次回来店時に本指名(A指名)をしてくると女の子にとって大きなプラスとなります。お気に入りの嬢を喜ばせたいときは積極的に本指名で入ってあげましょう。

また、1回場内指名や本指名をしたからといって、次に行くときに必ずまたその子を選ぶ必要はありません。クラブやキャバクラではこの「指名替え」ができないことがありますが、セクキャバではそんなルールはないので大丈夫です。

同伴やアフター

セクキャバはキャバクラと違い、同伴やアフターがない店のほうが多いです。キャバクラよりも風俗色があるため、働いている女の子が外で誰かに見られたくない(身バレ防止)という点や、店側の管理の問題などでしょう。

特にアフターは、店でのプレイがきわどいところまでいくので「当然その先を…」と客が期待しがちです。キャバクラのようにご飯やお酒だけで解散、とはいきづらいので、店や女の子側が警戒するのも無理はありません。

アフターはダメだけど同伴ならOKとしている店もあるので、どうしてもお気に入りの嬢ができたら誘ってみてもいいですね。

また、もしアフターOKの店があったとしたらマナーを守って遊びましょう。がっつきすぎは禁物です。

セクキャバの料金相場

セクキャバの料金相場は地域によってやや違います。関東関西の都心部だとだいたい1セット8,000円、その他エリアだと1,000円~2,000円前後安い印象です。もちろん地域性に関係なくリーズナブルなお店から、高級店のような雰囲気を出しているお店もあるので、料金表をしっかり確認しておきましょう。

都心部で女の子のレベルも高いのに激安な店があったら、セクキャバではなくいちゃキャバ(ソフトサービス)かもしれません。事前チェックは大事です。

【1セット40分】
6,500円~8,000円

【入会金】
0円~1,000円

【指名料】
0円~1,000円

【ドリンク代】
0円/飲み放題~1,000円

上記がセクキャバの料金相場です。もちろん店によって上下はしますが、だいたいこれくらいと思っておけば良いでしょう。1セットの時間内で、延長や指名やドリンクなどしなければ1万円あれば遊べます。

とはいえ女の子の「何か飲んでもいいですか?」で知らず知らずドリンク代が発生したり、ついつい楽しくて延長したり…と何があるかわからないのもセクキャバです。お財布に余裕をもって遊びに行きましょう。

お店探しをする際は、ぜひ当サイト「みんげき」をご活用ください。

関東のセクキャバ情報

関西のセクキャバ情報

 

MENU