激安風俗お役立ちブログ

デリヘルとホテヘルって違う風俗なの!?サービス内容や料金比較を解説!

派遣型風俗の王道デリバリーヘルス(デリヘル)と名前が似ているホテルヘルス(ホテヘル)。これらの違いをご存じですか?結論から言うと女の子のサービス内容は同じですが、仕組みがちょっと違います。詳しく知りたい方にわかりやすくご紹介いたします。

デリヘルとは(業種解説)

デリバリーヘルスはその名の通り女の子が自宅やホテルまで派遣されてくる風俗業種です。電話一本で予約できるので便利ですし、ほぼ全国どこにでもあるので最もメジャーで店舗数の多い風俗と言えるでしょう。

予約の仕方は簡単で、お店のサイトや風俗のポータルサイトで女の子やコース内容を確認し、電話するだけで大丈夫です。

遊べる場所は基本的に自宅かホテルかレンタルルームとなっており、それ以外の場所(屋外、車内、施設等)に呼ぶことはできません。オプションや同伴でデートができたとしても、プレイ自体は外ではできないと思っておきましょう。

デリヘルは実店舗を持たないのでネットの情報がすべてですが、24時間営業している店もあり、使い勝手がとても良いです。

ホテヘルとは(業種解説)

受付がありホテルで遊べる

ホテルヘルスも派遣型の風俗業種ですが、デリヘルと違い街の中に「受付所」があるのが特徴です。ホテヘルを利用する場合はこの受付所で女の子やコースを決めて料金を払い、その付近にあるホテルかレンタルルームへ向かってプレイをします。そのため、自宅や遠方のホテルへ呼び出すことはできません。また、ラブホテルやレンタルルームの多い繁華街に受付所があるので、全国どこにでもあるわけではありません。

しかしデリヘルと違い、受付所で女の子のモザイクなしのプロフィール写真を見れたり、ホテルまで女の子と一緒に行くことができます(これは店にもよります)。デリヘルだといきなり自宅へ女の子をあげるので挨拶や会話に戸惑うこともあるかもしれませんが、一緒にホテルへ向かうホテヘルなら徒歩数分の間に挨拶を済ませ、自然な雰囲気でホテルに入りプレイへと進むことができるでしょう。

受付所へ行く必要があるためデリヘルのようにいつでもどこでもというわけにはいきませんが、ホテル探しが面倒な場合でも受付でおすすめを教えてくれるので、特に迷うことなく利用できます。

ちなみに一緒にホテルへ向かうパターンの他に「先に自分だけ入って後から女の子が来る」パターンもあります。ホテヘルの醍醐味がちょっと薄れますが、誰かに見られる心配がないのでメリットともとれますね。

その他のメリット・デメリット

その他のメリットとしては「デリヘルは怖いけどホテヘルなら受付所から近いし…」と安全面を考慮し働いている素人の女の子も多いです。お店としても受付所を設けている以上きちんと売り上げを上げたいので、いい加減な子よりもある程度しっかりした子やきれいな女性を雇いたいところです。そのため「ホテヘルはデリヘルより地雷が少ない」という説もあります。

なお、デリヘルと違って受付所があるため条例により営業時間に制限があります。24時閉店が基本なので、ホテヘルで遊びたくなったらそれまでに間に合うように利用しましょう。ごくまれにですが24時以降はデリヘルとして営業している店もありますが、そうなると受付所で写真を選んだりはできなくなります。在籍嬢も昼の部と夜の部で入れ替わるのでよく注意したいところです。

サービスや料金の違い

サービス内容は一緒

デリヘルもホテヘルも、サービス内容自体は同じでヘルスサービスです。キス、フェラ、69、手コキ、素股などのサービスを受けられ本番行為は禁止です。デリヘルだから、ホテヘルだからといって大きな違いはありません。

ただデリヘルはわざわざ家やホテルに女の子を呼ぶことから、ゆっくり遊びたい人が多いためコース時間が長めです。60分程度が基本コースとなっているので、シャワーを浴びてプレイをして最後にまたシャワー、と焦らず遊べます。

それに比べるとホテヘルは移動時間も短いですし、短時間コースを設けている店が多いです。40分程度でサクッと遊べたりもするので、手早く気軽に抜きたいときにも利用しやすいです。

料金について

どちらも激安店、大衆店、高級店などあるため値段はまちまちですが、業種によるそれほど大きな違いはありません。例えばデリヘル60分1万円、ホテヘル40分1万円という感じで、受付所を構えていることからホテヘルのほうが料金設定が高めと言われたりもしますが、ホテル利用料を考えると結果的に安かったりもします。

同じようなジャンルと価格設定の店だとした場合、以下のような違いが出てきます。

トータルで高くつくパターン:デリヘルをラブホに呼ぶ。デリヘル代の他に、ホテル代がかかります。

安上がりなパターン:デリヘルを自宅に呼ぶ。これならホテル代がかからずお得です。また、ホテル代込みの料金で提供しているホテヘルがあればそれもお得と言えるでしょう。

その他:デリヘルでレンタルルームを利用すれば、ホテルよりは安上がりです。ちなみにホテル代は別のホテヘルでも、教えてくれるホテルが安い料金で利用できることもあります。

2つを楽しく遊び分け!

デリヘルを自宅へ呼ぶのは安上がりですが、掃除をしたり家バレのことを考えたりと余計な心配もあるかと思います。でも、24時間好きなタイミングで利用できるのは魅力的ですよね。全国的に店舗数が多いので、自分好みのジャンルを見つけやすいのも嬉しいところです。

ホテヘルは歓楽街へ足を運ぶ必要がありますが、わざわざ出かけているという非日常感を楽しむこともできます。ホテル探しで迷う必要もないですし、一緒に歩いて行けるお店ならほんの数分のドキドキ感も味わい深いです。

利用したいタイミングやお店によって、デリヘルとホテヘルを使い分けるのも楽しいですよ。当サイトでは1万円以下で遊べるデリヘル・ホテヘルのお店を紹介しているので、ぜひ気になるお店を見つけて遊んでみてください。

みんなの激安風俗でお店を探す

MENU